介護・高齢者施設が抱える課題(ヒト・モノ・カネ)をサポート

  • Facebook

医療従事者向け 介護プラス

転倒事故は何故起こる?原因とリスクを分析して転倒事故を減少させる方法とは

施設生活において、入居者さんの転倒事故は必ず起こるものだと言って差し支えはないでしょう。それほどまでに、発生率が高いのが転倒事故です。しかし、ただ事故が起こるのを見過ごしているわけにも行きませんので、対策を立てる必要があります。そこで検討したいのが、転倒事故の原因や、事故を誘発するリスクをいかに低減させるか、ということです。今回は転倒事故はなぜ起こるのか?という所から、実際のケースを用いて転倒原因やリスクなどの分析を通して転倒事故の減少につなげる方法について解説します。

転倒事故はなぜ起こる?

施設生活の中で最も多い介護事故は「転倒」です。
転倒には『防ぐべき事故』と『防げない事故』があります。
転倒事故を100%防ぐのは困難ですが、施設内で転倒の事故を、まるで当たり前に起こること、のように感じることは大問題です。
それぞれ、原因と結果というものがありますので、今後の為にも細かくケーススタディの様な形で介護側が学習していく必要があります。

実録・転倒の原因事例集

では、転倒の原因から捉えてみましょう。
転倒事故は、いつ、どこで、どのように発生しているのでしょうか?

今回は当施設で発生する場所、時間を集約し、1年の経過を追ってみました。
その結果、場所や時間帯としては

●居室とリビングでの転倒が多い
●深夜や午前中の転倒が多い

ことがわかりました。
しかし、この結果はある程度予想できたものでした。
入居者さんは居室とリビングで過ごす時間が長く、深夜や早朝は夜勤帯で介護スタッフが手薄な時間帯です。
そのため、この結果は当然でしょう。
どこの施設や病院もおそらく、同じような場所・時間帯での転倒が多いことが予想されます。
つまり、この時間帯・場所については厳重に警戒して然るべき、そんなポイントとなるのです。

ケースごとに見る、事故の種類の切り分け

上記に述べているように転倒事故を始めとする入居者さんの各種事故については『防ぐべき事故』と『防げない事故』がありますが、今回は実際に転倒した際のケース別に見ていき、それらがどちらに該当するのか、解説していきます。

ケース1、手が滑って入居者さんを転倒させた

ベッドから車いすへの移乗介助時、介護職が手を滑らせて、入居者さんを転倒させてしまった。
このケースは『防ぐべき事故』です。
もう少し言えば、すぐにでも再発防止策を立てなければなりません。
また、家族への状況説明や今後の治療に関する対応も必要になってくるでしょう。
転倒はとても危険なのです。
転倒し、寝たきりになり、肺炎を起こして死亡してしまうことも十分ありえることと認識する必要があります。
万が一上記のケースで死亡した場合、その直接的な原因は肺炎ですが、元をただせば転倒から始まっているのです。

ケース2、入居者さんが居室で転倒

自力歩行が可能な入居者さんがついうっかり居室で転倒してしまった。
これは再発防止策を考える必要はもちろんありますが、このようなケースの多くは『防げない事故』になると思われます。
では、それぞれの事故の種類に対して、どのような心構えが求められるのでしょうか?

防ぐべき事故に対する心構え

防ぐべきものに関しては、介護のプロとして防止責任を持って事に当たらねばなりません。その責任は重いものと認識する必要もあります。また、この件については新人もベテランも関係ありません。

結果的に、施設に過失があるとみなされる事故です。きちんと防止策(安全配慮義務)を講じるようにしたいところです。

防げない事故に対する心構え

原則としてこれらの予測不可能な事故については介護のプロとして防止責任がなく、施設側にも過失がありません。
入居者の責任で起きた事故、あるいは不可抗力によるもので、これは介護職が努力しても限界があります。
これらには、法的義務(安全配慮義務)はありません。
とはいえ「施設側には責任はない」などと対応してしまえば家族の方が感情的になり、損害賠償が発生してしまう可能性がでてきます。
そのため、ご家族の方への細かい配慮は『防ぐべき事故』であっても『防げない事故』であっても、必ず必要となります。

転倒事故の原因を数値化して防止対策を

上記を踏まえた上で、ここからは転倒に関するリスクの分析について解説します。
転倒はさまざまな原因が複合して起きている事が多いため、それらを数値化し、対策が可能な原因に対しては防止対策を考えることが必要になります。
例えば、トイレ介助の際、ベッドからポータブルトイレに移乗介助をしようとしたところ、膝折れしてしまい床に尻もちをついた。などです。
これは当然『防ぐべき事故』になります。
介護職がトイレ介助の時間帯を考えることにより、通常より介助に注意しなければならない場面です。時間が深夜帯なら、誰もが寝ぼけていることが多く、足に通常の力が入りません。
高齢者は特にそうです。
そのためにはもっと介助量を増やし、介助すれば防げた事故です。

身体的なリスク

そこで、ここからは転倒事故の要因になりうるリスクについても紹介します。

●視覚機能の低下
高齢になると白内障などになるケースも多く、段差の高さの適切な判断ができないなど、直接的なリスクです。

●身体機能の低下
転倒が生じる一番の原因は、身体機能の低下です。筋力・バランス歩行能力が低下している入居者さんはハイリスクです。特にバランス機能が重要でバランスを保つことができれば立位(立ったままの状態)保持も可能になり、転倒のリスクは軽減されます。

●認知機能の低下
注意を払ったり、物事を判断したり、記憶したりといった認知機能の低下も転倒につながります。危険回避する判断力も低下しています。その際はベッドではなく、布団で寝てもらうようにするなど環境の整備によってリスク回避が可能な場合があります。

●薬の副作用
高齢になると、高血圧や脂質異常症、糖尿病、不眠など慢性疾患を多く抱え、その疾患別に薬が処方されるとかなり多くの薬を飲むことになります。
足の筋力が弱くなり、眠剤で朦朧としている状況では複合的に転倒に至ってしまします。
その際は主治医に相談し、処方の変更も検討する必要がありますが、なかなか難しいのが現実だと思われます。

●失神(てんかん発作等)
脳への血液循環が低下して意識を失う失神は、見逃されやすい転倒の原因の1つです。
これは夜だけに起こるのではなく、突然に立ったりして起立性低血圧を起こし、ふらつき転倒をしてしまうことがあるので観察力が非常に重要になります。
その際は、入居者本人に、急に立ち上がったりせずゆっくりと立ち上がってもらうよう伝えることも大
切です。

生活習慣と環境面でのリスク

●日常生活の過ごし方
 活動性が高い場合に転倒しやすいことも事実ですが、将来的に見ると活動量の低い入居者さんだと足の筋力が落ちて転倒のリスクが増えることもありますので、注意深くアセスメントする必要があります。

●服装・履物
身体の動きを妨げる服装やフィットしていない靴も転倒の原因となります。ズボンが長すぎれば裾を踏んでしまい転倒しますし、靴をきちんとはかずに踵を踏んでいていわゆるスリッパ状態でも転倒してしまいます。

これは、きちんとした服装と靴を選択することで『防げる転倒』になります。

●環境
○床…滑りやすくなっているのは当然リスクが高くなります。段差斜面なども危険です。施設はフラットだからといっても安心はできません。

○照明…暗すぎる、まぶしすぎるなど、一気に景色が変わると視神経が対処においつかないので転倒の原因になりやすいのです。これは施設側で工夫をする対策を立てれば『防げる転倒』になります。

※リスクをすべて排除することが必ずしも良いことではありませんが、高齢者が集まる施設では十分な配慮が必要になってくるでしょう。

さいごに

以上のように転倒は『防ぐべき事故』と『防げない事故』があることを説明してきました。
『防ぐべき事故』は介護のプロとして当然防ぐ必要があります。そのために入所さん1人1人の身体状況などを配慮し対応をする必要があります。
転倒は100%防ぐことは困難であると前述しましたが、『防ぐべき事故』については、きちんと対処すれば防ぐことは可能です。
「あそこは転倒の多い施設」だからという不名誉なレッテルは、誰もが避けたいものです。
『防げない事故』は確かにそうなのですが、事前に環境を整えたり、入所さんの身体面・精神面をアセスメントできれば『防げる転倒』も増えてくると思います。転倒は100%の防止はできませんが、介護力で限りなく転倒のリスク回避は可能です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)