介護・高齢者施設が抱える課題(ヒト・モノ・カネ)をサポート

  • Facebook

医療従事者向け 介護プラス

入居者さんのケア

施設全体で見直したい。事例から考える認知症ケアで習得すべきエッセンスとは

介護施設では、認知症の方と接する機会が多くあります。
毎日の業務のなかで、認知症の方への対応に苦労している介護士も少なくありません。今回は、事例から介護スタッフの関わり方について考察し、日々の業務のなかで活用できるエッセンスや施設で見直したい人材育成の方法をお伝えしていきます。

帰宅願望が強い秀美さんの事例

重度の認知症と診断された秀美さん(仮名・80代前半)は、介護施設に入所してちょうど半年になります。
普段は施設内の食堂で車椅子に座り、眠って過ごしていることが多い秀美さんですが、ふと目を覚ませば決まって同じ発言をするのです。

「私ね、家に帰りたいの」

転倒リスクがあるにも関わらず、そう言って車椅子から立ち上がろうとしてしまうため、施設内でもスタッフが注意して見守りを行っていました。
秀美さんは帰宅願望が非常に強く、近くを通りかかる人を見つけては、1日に何度も家に帰りたいと発言していました。

しかし、施設ではマンパワー不足の問題もあり、スタッフは秀美さんの発言に対して丁寧に対応することが難しくなっていました。
業務が多忙で、介護スタッフにも気持ちの面で余裕がなかったのだと思います。

「秀美さん、家には帰れないよ」

介護スタッフはそのように伝えるだけの対応をしており、秀美さんの不安は助長されていく一方でした。

秀美さんの不安が強まると、椅子からの立ち上がり回数はさらに増加していきました。注意深く秀美さんの様子を観察しなければならず、介護スタッフにとっても業務的に大きな負担となっていました。
この事例では、秀美さん・介護スタッフの双方に負担が積み重なり、悪循環に陥っていました。

認知症介護に必要なエッセンス

秀美さんが毎日帰りたいと発言することは、よく考えるとごく自然な反応です。重度の認知症を患う秀美さんにとって、施設は知らない場所も同然だからです。
理由もわからず自宅に帰ることができなくなったら、どんな人でも同じように帰りたいと訴えるでしょう。

認知症の方では徘徊などの周辺症状が見られることがありますが、そもそもこうした行動上の現象を「問題」と捉えることは誤りなのです。
行動の背景には、必ずその人が感じている世界があるからです。

認知症の介護において大切になるのは、ご本人が知覚している世界に寄り添う姿勢を忘れないことです。
ご本人が「家に帰らなければならない」と考えているのであれば、その世界に介護者が一緒に入り込むことが重要になります。認知症介護においては、こうしたエッセンスが不可欠なのです。

今回の事例に関しては介護士・看護師・作業療法士で対応を検討し、秀美さんが感じている世界に入り込むことを意識しながら、言葉かけの仕方を統一していきました。

「秀美さん、今日はここに泊まっていきませんか。晩御飯も用意していますから」

このように受容的な姿勢で声かけをすることで、秀美さんからはいつもの不安そうな表情が消えていき、次のように発言しました。

「いいの?お姉ちゃん、優しいね」

これは私が介護施設に入職した最初の年のエピソードですが、認知症の方に対する関わり方の大切さについて、身を持って実感した瞬間でした。
業務が忙しいからといって「帰れないよ」など雑な声かけをしてしまうと、逆に利用者さんの不安は助長され、介護スタッフの負担も増えてしまいます。
しかし、当事者が感じている世界に寄り添うことを意識すると、ここまで反応が変わってくるのです。

また翌日になると同じように帰宅願望は見受けられますが、少なくとも毎日の生活のなかで「帰りたい」という発言の回数は大きく減り、スタッフが常時見守らなければならない状況は改善されました。

根本的な関わり方を見直すことによって、利用者さんにも介護スタッフにもメリットがもたらされます。
認知症介護においては心得ておくべきエッセンスがあり、介護スタッフがそれらを意識するだけで行動上の課題を解決できるケースも少なくないでしょう。
それほどまでに関わり方の技術は大切になるのです。

施設全体で取り組むべきこと


今回ご紹介した事例では、「ご本人が感じている世界に入り込む」ということを意識した関わりが効果的に作用しました。
このような寄り添いの技術については、介護・医療に関する資格を取得する過程で、既に多くの方が教わっていることかもしれません。

しかし、全てのスタッフが共通して関わり方のスキルを習得できているのでしょうか。実際に私自身も介護施設で働き、スタッフのスキルや知識には大きくばらつきがあると感じました。
現在勤めている、あるいは経営している施設の状況を今一度考えてみてください。今回焦点を当てた認知症の方への関わり方を含め、何か課題があると感じる場合には施設全体で対策を講じる必要があるでしょう。

人材を育成することは、施設の質を担保することにも直結します。人材の育成に当たり、導入しやすい方法の例を挙げていきます。

●施設で研修会や勉強会を行う

まず、取り組みやすい方法としては研修会や勉強会を行いながらスタッフのレベルアップを図ることが挙げられます。
外部から講師を招くこともあれば、施設内のスタッフが資料を作成してレクチャーすることもあります。
定期的な研修会・勉強会を実施していない施設は、学ぶための環境を整備してみてください。

●研修参加のための補助を行う

施設内の研修だけではなかなか人材の育成が難しい場合もあるでしょう。
その場合、全国各地で実施されている「認知症介護実践者研修」の受講を推進するという方法もあります。
これは、厚生労働省の政策である新オレンジプランのなかに位置付けられている研修事業
であり、さらに上級のコースもあります。こうした研修会への参加費を施設が補助することで、認知症ケアに精通した人材の育成を目指してみてはいかがでしょうか。

認知症の方のケアに必要なスキルは経験・知識とともに習得されていくものであり、一朝一夕で身につくものではありません。
しかし、施設全体で人材を育成していくという姿勢は大切になります。
介護スタッフのスキルアップは、利用者さんやご家族の満足度に直結し、施設全体の質が向上していくことにもつながるでしょう。

まとめ

介護施設における認知症の方のケアには時間もエネルギーも必要になるものですが、少し関わり方を見直すだけで利用者さんとスタッフの負担を軽減できる可能性があります。
質の高い認知症ケアを実現するためには、介護スタッフが理想の関わり方を習得できるようなサポート体制を構築していく必要があるでしょう。

参考:
厚生労働省 認知症施作推進総合戦略(新オレンジプラン)2016(平成27)年度版

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)