介護・高齢者施設が抱える課題(ヒト・モノ・カネ)をサポート

  • Facebook

医療従事者向け 介護プラス

リハビリ部門の管理職は必読!スタッフのキャリアアップ・人材育成を考える

リハビリ部門の管理職にとって、スタッフの育成を図ることは責務の一つです。
ただ、管理者自身もリハビリ業務に当たる必要があるなど、十分な時間を割けないことが現状です。
今回は、リハビリスタッフのキャリアアップや人材育成のあり方を考察していきます。

理学療法士・作業療法士の経験年数から考えるキャリアアップ

理学療法士や作業療法士は、臨床で働き始めてからの経験年数で「◯年目」という表現をよく用います。
実際には同じ経験年数でも習熟度には個人差が生じるものですが、キャリアを語る上で一つの目安になることは確かです。

●経験年数ごとに到達したい目標を一覧で確認

日本理学療法士協会が公開している「リハビリテーション関連職種のキャリアアップ指標」では、経験年数ごとにキャリア開発の内容が提示されています。
ここではポイントとなる情報を集約していきます。

臨床経験年数 到達したい目標
1〜2年 ●疾患や障害を理解し、評価ができる。
介入計画を立てることができる
●自分の考えを他者に伝えることができる。
文献の活用ができる
●疑問や不確かな知識を明確にできる。
3〜4年 個別性をふまえた評価ができる。
●多職種と連携できる。
●研究について理解し、成果を発表できる。
5〜6年 ●指導者的役割を担える。
●倫理、医療安全上の問題に対応できる。
学会発表や論文投稿ができる
●チームの教育活動を運営できる。
7年〜 ●専門性の高い実践ができる。
専門学会学術誌に研究成果を投稿できる
●チームのリーダーとして活躍できる。
9年〜 ●多職種の協働を推進できる。
●高度な研究を計画・実践できる。
部門や組織の人材育成ができる
11年〜 ●リハビリの教育や普及のための地域活動ができる。
●組織外とのコミュニケーション能力育成を促進できる。
●多施設での研究活動を実践できる。
職能団体・学術団体等で貢献できる

このように、経験年数に応じて習得したいスキルは変化していきます。
「月日が経てば自然にキャリアアップできる」と楽観視するのではなく、具体的な目標を立てる必要があります。

リハビリ部門で人材育成!若手、中堅、ベテランが習得すべきスキル

リハビリ職の人材育成のあり方を、若手・中堅・ベテランの3つに分類して解説します。
どんな着眼点でスタッフのキャリアアップを促していけば良いのか、ヒントを探ってみてください。

●リハビリ部門の人材育成〜若手編〜

経験年数が浅い若手のリハビリスタッフであれば、まずは基本の評価や介入の手技をしっかりと身につけることが大原則となります。
育成担当者を決め、分からないことがあれば誰に聞けば良いか明確にすることをおすすめします。
また、自分の考えを他者に伝える練習をするために、勉強会などでプレゼンの機会を設けましょう。
思考を整理して伝える訓練をすることによって、利用者さんやご家族への対応力も上がります。

●リハビリ部門の人材育成〜中堅編〜

経験年数が5〜6年目以降の中堅スタッフには、学会発表や論文投稿をするように促進してみることがおすすめです。
介護施設などで携われる人員が少ない場合は、症例報告から始めてみましょう。
施設の利益とは直接関係がないように思えますが、その過程を通して論理的に考える力や調査能力が養われ、日々の臨床業務にも生かされます

●リハビリ部門の人材育成〜ベテラン編〜

リハビリ業界では経験が10年程度あるとベテランと呼ばれる層に突入することが一般的であり、指導や助言を得る機会は減ってきます。
ただ、管理者研修などの機会も用意されているため、まずは士会が主催するマネジメント研修などを受講してみましょう。

キャリアアップは職場以外でも!リハビリ関連の資格・学位の取得も促進

理学療法士や作業療法士などのキャリアアップは、職場以外の場でも進められます。
職場の理解や後押しが必要になることも多いため、管理者の方は柔軟に対応していきましょう。

●リハビリ関連の資格でキャリアアップ!

理学療法士・作業療法士の認定や専門の資格をはじめ、呼吸療法認定士、心臓リハビリテーション指導士など、リハビリ職が取得できる資格はさまざまです。
これらの資格は自費で有給休暇を使って取得する人が多いですが、高度な知識を持つ人材の確保にもつながるので促進していきましょう。
特に呼吸や心臓に関する資格があると介護施設などでも貢献できます。
リハビリ関連資格はこちらの記事(理学療法士・作業療法士は各種学会の認定資格でキャリアアップ!あなたが目指すのはどれ?)でも解説しています。

●修士号・博士号の学位取得も可能

理学療法士や作業療法士が大学院に進学して、修士号・博士号の取得を目指すこともできます。
夜間に学べる大学もありますが、平日に休みを取らなければならないこともあります
週に一度、平日の日中に大学院へ通うとしたら、土曜日に振替で働けるようにするなど柔軟な対応が求められます。
大学院で学んだスタッフは地域の介護施設や病院でリーダーの役割を担えることも多いため、希望するスタッフがいれば後押ししていきたいところです。
修士号の記事(【修士課程編】理学療法士・作業療法士が大学院で学位を取得するまでの道のり)博士号の記事(【博士課程編】理学療法士・作業療法士が大学院で学位を取得するまでの道のり)でも詳しく解説しています。

「習うより慣れよ」だけでは不十分!目標や学習機会を提供しよう

一般企業であれば人材育成のノウハウを持っていることも多いですが、介護施設のリハビリ室などは小規模であり、育成方法が明確になっていないケースが少なくありません。
「習うより慣れよ」の姿勢でスタッフの育成を見守る施設もありますが、やはり明確な目標や学習機会がなければ人は成長しないものです。
管理者の立場にある方は、人材育成・キャリアアップ促進のあり方について振り返ってみましょう。

参考:
日本理学療法士協会 リハビリテーション関連職種のキャリアアップ指標(2018年6月21日引用)
日本理学療法士協会 管理者の人材育成のための研修システム(2018年6月21日引用)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)