整形外科・リハビリ病院が抱える課題(ヒト・モノ・カネ)をサポート

  • Facebook

クリニック・治療院 OGメディック

IADL訓練とは?基本項目から訓練方法・環境調整まで幅広く解説

病院のリハビリで作業療法士がADL訓練を行うことは多いですが、IADL訓練となると「取り組み方がわからない」という方もいます。
しかし、IADLの能力は自立した日常生活を送る上で不可欠なものです。
必要に応じて、ADL訓練だけではなくIADL訓練も積極的に行っていきましょう。

IADLの内容は?基本項目と評価の視点をチェック

IADLとは、「Instrumental Activities of Daily Living」を略したものであり、日本語に訳すと「手段的日常生活動作」となります。
IADLの読み方は、「アイエーディーエル」です。
たとえば、食事をするためには手の機能だけあれば良いのではなく、実際には買い物に行ったり、食材に火を通したりと、複雑な作業が求められます。
生活するための「手段」といえる活動や動作に着目していることが、IADLの特徴です。
ADLは排泄や入浴、食事、整容などの基本的な身の回りの動作を示しますが、IADLの内容や評価の視点には次のようなものが含まれています。

1.電話の使用 ●自分から電話をかける
●よく使う番号にだけかける
●電話に出ることは可能
●まったく電話を使わない
2.買い物 ●すべての買い物ができる
●少額ならば買い物ができる
●付き添いが必要
●買い物はできない
3.料理(食事の準備) ●自分で計画・準備ができる
●材料があれば準備ができる
●食事を温めることができる
●すべて準備してもらう
4.家事 ●すべて一人でこなせる
●皿洗いなど日常的な家事はできる
●清潔さを保てない
●手助けが必要
●家事はできない
5.洗濯 ●自分で洗濯できる
●靴下など簡単な洗濯ができる
●すべて洗濯してもらう
6.移動・乗り物の利用 ●公共交通機関で外出できる
●自家用車を運転できる
●タクシーなら利用できる
●付き添いがいれば乗り物に乗れる
●付き添いがいればタクシー・車に乗れる
●まったく旅行などができない
7.服薬管理 ●自分で服薬管理ができる
●薬を準備していれば飲める
●自分で管理ができない
8.お金の管理 ●支払い・銀行の利用・予算の管理などができる
●少額ならば管理できる
●預金・大金には手助けが必要
●お金の取り扱いはできない

このように、IADLとは日常生活における複雑な動作を示し、内容ごとにどれくらいのことができるのかを評価していきます。
自分一人でどこまでできるのか、付き添いや手助けがあれば遂行できるのか、状況を把握します。
上記の表では簡単にポイントをまとめていますが、IADL訓練の前後などでは、次の「手段的日常生活動作尺度(IADL尺度)」を使って採点することも可能です。

参考:日本老年医学会 手段的日常生活動作尺度(IADL尺度).

IADL訓練の実際〜ポイントは工程の細分化〜

トイレ動作のようなADLを訓練する際にも、患者さんが抱える困難感は人によって違いがあります。
手すりにつかまって立位を保つ過程でふらついてしまうのか、それとも手でトイレットペーパーをうまく切ることができないのか…。
IADLに関しても同様に、基本的には工程に分けて、どの過程でつまづきがあるのかを考えることが大切です。
ここでは、「乗り物に乗る」「服薬管理をする」という2つのIADLを例にみていきます。

●IADL訓練の例(1):乗り物に乗る

「乗り物に乗る」というIADL訓練に当たり、まずは次のように工程を細分化します。

●行き先を決定する
●目的に合った交通機関を選ぶ
●駅・バス停まで移動する
●正しい金額で切符を購入する
(交通系ICカードの使い方がわかる)
●降車すべき駅で降りる

身体機能や体力の問題もありますが、移動手段を考えたり、切符やICカードを取り扱ったりするためには、認知的な側面も大きく影響します。
「正しい金額の切符は買えないけれど、ある程度の金額がチャージされたICカードがあれば乗り物に乗れる」など、どんな環境設定であればうまくいくのかを考えることもIADL訓練の一環です。
病院のリハビリで模擬的にシミュレーションしたり、外での訓練が可能ならば実際に付き添ったりして、課題を見極めながらIADL訓練を進めていきましょう。

●IADL訓練の例(2):服薬管理をする

薬を飲むというIADLについても、工程や必要な要素を細分化していきます。

●朝・昼・晩に飲むべき薬を判断する
●忘れずに薬を飲む
●薬を飲んだかどうか記憶する
●時間の感覚がある

服薬管理に関しては、特に認知機能が大きく影響しますが、現状を評価するところから始めます。
服薬カレンダー、写真付きの表、服薬管理ボックスなどがあれば自立できる方もいるので、自立につながりそうなアプローチを試行錯誤しながら模索します。
また、食後に必ず薬を飲むように繰り返し訓練し、ルーティン化してしまうことも有効な方法の一つです。
こうした環境設定や繰り返しの練習も、IADL訓練の一端を担います。
乗り物の利用や服薬管理以外のIADL訓練についても、工程を分けて実際の動作を分析し、環境調整を行いながら進めてみてください。

IADL訓練では個別性を重視したアプローチを

ADL訓練でも課題は人によって異なりますが、IADL訓練ではより一層個別性が強くなるといえます。
たとえば、精神科に長期入院している患者さんでは不安が強い方も少なくありません。
乗り物に乗る以前に、「まずは病院の外に出ること」に慣れるという訓練から始めなければならないケースもあります。
また、脳卒中で片麻痺を伴う患者さんで、仕事に復帰しなければならない状況にあった方では、電話のボタンを押す動作の練習を行った経験もあります。
IADL訓練はなかなか一般化しにくいものではありますが、個別性を重視したアプローチをしていくことで、その人が生活において必要とするスキルの獲得につながるでしょう。

必要なIADL訓練を見極めて対応しよう

どんなIADL訓練が必要になるのかは、まさに十人十色といえます。
今回は乗り物に乗ること、服薬管理をすることを例に取り上げましたが、実際には日々の生活の中で行う家事動作にも複雑さがあります。
こちらの記事(家事動作の評価はどうする?料理・洗濯・掃除のIADLで役立つポイントを解説)では家事動作の評価に特化した情報をお伝えしているので、併せてご一読ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)