整形外科・リハビリ病院が抱える課題(ヒト・モノ・カネ)をサポート

  • Facebook

クリニック・治療院 OGメディック

リハビリ病院の悩み

  • Akiko

    公開日: 2019年02月28日

アメリカの学会に参加するときの服装は?日本の学会参加と違う?

これまで日本の学会参加について、当サイトでも服装や学会参加時の過ごし方などを解説しましたが、国際学会参加の際には同じでも良いのでしょうか?
アメリカ在住の筆者が学会に参加する際の服装や国内学会参加時との違い、学会の楽しみ方などについてお話しします。

アメリカの学会に参加するときの服装

アメリカで学会参加の際、服装はスーツでなくてもいい?

日本の学会に参加するときには、ジャケットやセットアップスーツなどを用意して参加準備をする方も多いのではないでしょうか。
アメリカでの学会に参加するとスーツにネクタイを着用している人が少ないことに驚かれることも。
そんな学会参加の際の、服装(ドレスコード)についてお話ししましょう。

●一般参加は、襟付きシャツとチノパンで十分。現地の気候も確認を!

一般参加は、襟付きシャツとチノパンで十分。現地の気候も確認を!

一般参加や演題発表のない日などの参加は、
男性:襟付きシャツとチノパン、つま先が隠れる靴
女性:無地やシンプルなトップにパンツやスカート、つま先が隠れる靴
などで可能ですが、ジーンズはやめておきましょう。
男性の襟付きシャツはポロシャツなどでも夏場なら許容範囲ですが、半ズボンやビーチサンダルやスリッパなどのフットウェアはやめましょう。
女性の場合にも、露出の少ないシンプルなものを選びましょう。
スーツやワイシャツなどの持参は所持品も増え、移動にも面倒ですのでできるだけ身軽に行きたいものです。
またアメリカの建物内は空調が効いており、夏場ですと肌寒く感じるため、羽織るものを用意しておくといいでしょう。
冬場であれば厚着せず、厚めのコートで外出すれば問題ありませんが、滞在先の天候などを確認しておくといいでしょう

●発表ならスーツやジャケット着用が無難

発表ならスーツやジャケット着用が無難

一般参加は多少カジュアルでも問題ありませんが、発表などの際にはフォーマルなもの、つまり男性ならスーツを女性はワンピースを着用すると良いでしょう。
人前で演題を発表する際には、発表者の身なりも評価されます。
プロフェッショナルな人々の集まりですので、砕けた服装での発表は好ましくないため、服装も合わせておきましょう。

アメリカの学会・セミナー参加は事前登録が必要か確認しよう

アメリカの学会に出発する前に事前にホームページなどをこまめにチェックしましょう。
訪れる都市の様子や周囲の状況、食事のできるところ、ホテルから会場への交通機関などしっかりと下調べしておく必要があります。
またアメリカでは手に入らずに困った!というものもいくつかありますのでご紹介します。

●学会参加、セミナー参加に事前登録が必要なケース

国内学会でも事前登録によりディスカウントがあるものなどを見かけますが、アメリカも同じで、事前に申し込みをしないと学会登録料が高額になってしまう場合もありますのでこまめに学会ホームページをチェックしましょう。
学会によってはモーニンセミナー、ランチョンセミナーなどの整理券を事前に早い者勝ちでホームページから申し込むものもあります。
興味のある演題などは事前に調査して、旅行日程に合わせて申し込みましょう。

●会場近くの食事処、プリントアウトができる場所なども知っておこう

アメリカに渡航前にホテルから学会会場への交通機関や周囲の食事ができる場所や買い物ができる場所をあらかじめ調べておくと良いでしょう。
最近では、朝食のついたホテルも多くありますが、朝食がない場合には購入する場所を調べておきましょう。
アメリカでも場所によっては危険なエリアもありますので、治安や交通機関が安全なのか、またはタクシーなどを利用するのがいいのかなども調べておくと困りません。
ぎりぎりまでポスターや口頭での質門などの修正を考えている場合は、日本とアメリカでは用紙サイズも異なりますので、用紙を持参するか、レターサイズ(A4サイズより3%横が長く6%縦が短い)で印刷できるようにレイアウトを考えておくことをおすすめします。

アメリカの学会の楽しみ方:展示ブースも回ってみよう。思わぬ景品も?

アメリカの学会は日本の学会にはない商品やブースなどの展示もあり、見ていて飽きません。
アメリカの学会では同じ分野で活躍する多くの国の同職種と出会えるだけでなく、さまざまな楽しみ方もあります。

●展示ブースには日本にはない商品も見ることができる

日本国内で未承認の薬の説明や未発売の医療機器の展示など、実に興味深い展示ブースを見ることができます。
医療機器の体験が可能であったり、商品の説明なども聞くことができますので、空き時間に展示ブースにも足を運んでみましょう。

●ノベルティーグッズも特徴的!くじ引きで豪華賞品が当たることも?

アメリカの学会会場展示ブースでは、日本未発売のさまざまな機器や薬などを各企業が紹介しています。
各企業が配布するパンフレットやノベルティーには日本で見たことのないものもたくさんあり、見るだけでも楽しめます。
学会によっては、ルーレットやくじ引きで豪華賞品が当たるものもあります。
旅行券やパソコンのタブレット、アップルTVなどの豪華な賞品が用意されていることもありますから、見逃さないように見回ってみましょう。

アメリカの学会参加は国内とは違い、準備を万全にして楽しもう

アメリカの学会参加は国内の学会とは異なり、時間も費用もかかるため、十分に準備しておきたいものです。
発表者以外の服装はセミフォーマルに、また過度の空調に対応できるようにしておきましょう。
治安には気をつける必要がありますが、街の様子や学会内の色々なブースを訪れ、国内学会にはない雰囲気を楽しみましょう。

参考:
Student Conference / Indiana University Southeast.(2019年2月21日引用)

  • Akiko

    公開日: 2019年02月28日

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)