整形外科・リハビリ病院が抱える課題(ヒト・モノ・カネ)をサポート

  • Facebook

クリニック・治療院 OGメディック

  • 高木雪絵

    公開日: 2019年12月27日
  • リハビリ病院の悩み

パーキンソン病のすくみ足はどんなときに現れる?パターンやwearing offとの関係は?

パーキンソン病の患者さんでは、すくみ足が出現することがしばしばです。
今回は、パーキンソン病のすくみ足がどんなときに現れるのか、よくあるパターンやwearing offとの関係について解説します。
リハビリでパーキンソン病の患者さんを担当する機会のある理学療法士、作業療法士は、ぜひ知っておきましょう。

パーキンソン病の歩行パターンとwearing off

パーキンソン病における「すくみ足」とは?

パーキンソン病における「すくみ足」とは?

すくみ足とは、歩こうとしたときに、足が床についたまま動かなくなってしまい、前に進めない状態を指します。
すくみ足は英語でfreezing of gaitといいますが、freezingは「凍る」「固まる」、gaitは「歩行」という意味になります。
つまり、すくみ足とは歩行が固まってしまうということです。
歩くための筋力があっても、凍ったように、固まったように足が動かなくなるのがすくみ現象です。
ひと言ですくみ足といっても、程度には違いがあり、足が全く動かないレベルの人もいれば、そうでない人もいます
なかには、足でステップを踏むことはできても前に進めない方もいますし、ステップとともに少しだけ前進できるという方もいるのです。
また、パーキンソン病を患うすべての方にすくみ足が生じるわけではありませんが、ある報告によると約半数の患者さんに見受けられるとされています。
なお、すくみ自体は歩行時にのみ生じるのではなく、手を動かすときや目を開けるときなどに現れるケースもあります。

パーキンソン病のすくみ足が生じる動作パターン

パーキンソン病の方では、ある特定の動作をするときにすくみ足が生じやすくなります
いずれも歩行時に生じる点には共通していますが、どのようなときにすくみが生じやすいか知っておくことで、アプローチの手掛かりになります。
すくみ足が生じやすい動作のパターンについて知っておきましょう。

1.歩き始め

すくみ足が生じやすいのは、歩き始めです。
最初の一歩を踏み出すとき、足がなかなか出ないという状況に陥りやすいです。
歩き始めのすくみ足は典型的なパターンなので、覚えておきましょう。

2.方向転換

日常生活において、方向転換をしなければならない場面は意外と多いですが、ここでもすくみ足が出現するケースがあります。
たとえば、廊下を歩いていて部屋に入りたい、何かを思い出して歩いて進む方向を変えたい、などの場面が考えられます。
そもそも体幹が硬くなって回旋運動がしにくいという側面もあり、バランスを崩しやすいという特徴もありますが、それに加えてすくみが生じてしまうことがあるのです。

3.目標物の接近

すくみ足は、何か目標物が近づいてくるときに生じる場合もあります。
椅子に座ろうとして近づいていくときなど、目標物が接近すると、そこに到達する手前ですくみが生じやすくなります。
目の前に目印があればすくみが解消されるという側面もありますが、目標物が接近してくるシチュエーションにおいてはすくみの誘引となりえます。

4.狭い所を通る

通路が狭い所を通ろうとしたときに、すくみが発生するケースも存在します。
たとえば、ドアを開けて通路を通るときや、駅の改札口を通るときなどに、足がすくんでしまう方がいます。

5.広い場所を歩く

狭い所を通るときだけでなく、広い場所を歩くときにもすくむタイプの方もいます。
広い空間で歩くときにすくむ方や、広い空間から狭い所へ移るときにすくむ方など、パターンはさまざまです。

6.混雑している道を横切るとき

人の通りが多い道や廊下などを横切りたいときにも、すくみ足が出現することがあります。
歩き始めや方向転換時のすくみ足ほど典型的ではないですが、気になるときはこちらも評価しておきましょう。

パーキンソン病のすくみ足と「wearing off」の関係

パーキンソン病のすくみ足と「wearing off」の関係

パーキンソン病の方には、薬物療法が選択されます。
ドーパミン神経細胞が減るため、それを薬で補うことになります。
パーキンソン病薬の服用を続けると、効果が持続する時間が短くなっていき、症状の日内変動が生じるようになります。
次の薬の服用までに、薬の効果の消失が自覚されることを「wearing off(ウェアリングオフ)」といいます。
wearing offによって、薬が効いていない時間帯には、すくみが発生することが多いです。
実際、wearing offによって、すくみがよく出現するようになることが多いのですが、なかには薬が効いていてもすくみが発生することもあるため一概にはいえません。
なお、パーキンソン病の患者さんでは「on-off」と呼ばれる現象が見られることもありますが、これはwearing offとは異なるものです。
on-offはスイッチのオン・オフのように、急に症状が変動することです。
wearing offは薬を服用するタイミングからある程度予測はできますが、on-offに関しては急激な変動であるために予測ができないという特徴があります。

パーキンソン病のすくみ足にアプローチしていこう

パーキンソン病の方は、すくみ足が生じることはしばしばであり、リハビリ中にもよく遭遇します。
実際の歩行では、小刻み歩行などほかの特徴も加わるため、丁寧に評価していくことが大切です。
理学療法士や作業療法士がアプローチしたい症状のひとつですが、具体的にどんなシチュエーションや動作で発生しやすいのか理解しておくようにしましょう。

パーキンソン病のすくみ足に対する実際のアプローチについては、こちらの記事(パーキンソン病のすくみ足対策って?リハビリですぐに役立つ方法をご紹介)でも解説しています。

  • 執筆者

    高木雪絵

  • 作業療法士の資格取得後、介護老人保健施設で脳卒中や認知症の方のリハビリに従事。その後、病院にて外来リハビリを経験し、特に発達障害の子どもの療育に携わる。
    勉強会や学会等に足を運び、新しい知見を吸収しながら臨床業務に当たっていた。現在はフリーライターに転身し、医療や介護に関わる記事の執筆や取材等を中心に活動しています。
    保有資格:作業療法士、作業療法学修士

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)