整形外科・リハビリ病院が抱える課題(ヒト・モノ・カネ)をサポート

  • Facebook

クリニック・治療院 OGメディック

  • 桑原

    公開日: 2020年04月30日
  • リハビリ病院の悩み

新型コロナウイルス感染拡大予防、医療従事者同士のソーシャルディスタンスはどう保つ?

医療従事者の場合、患者さんだけでなく医療従事者同士のソーシャルディスタンスについて考える必要があります。
医療従事者同士のソーシャルディスタンスをどう保つか、またどのようなことに気をつければいいのかなど、お話ししていくことにしましょう。

院内感染を防げ

医療従事者は感染リスクが高い。基本は標準予防策

多くの報道にもあるように、新型コロナウイルスへの医療従事者の感染率は非常に高いといわれています。

●医療従事者の感染率が高い傾向にある

新型コロナウイルスへの感染率は医療従事者に高い傾向があるといわれており、自らの健康を感染から守る必要があります。
医療従事者の感染は自身の健康への不安だけでなく、治療が必要な患者さんのケアをする人の絶対数の減少につながります。
医療崩壊を起こさないためにも、感染防止は非常に重要であることは言うまでもありません。
また医療従事者は在宅勤務が難しいため、感染曝露をゼロにすることはできませんが、職場の環境などに留意することは可能です。
今回は新型コロナウイルスの感染拡大予防の中でも、医療従事者同士のソーシャルディスタンスについて解説します。

●基本は標準予防策、どこにでもウイルスがあると仮定しての対処を

感染症拡大予防の大前提として、どこにでもウイルスがあると仮定し標準予防策を行うことが最も重要です。
手洗いやマスク、ガウンテクニックなどの手技の確認とともに、顔や髪を触るという日常の行為にも気をつける、検査機器や聴診器などの共有する可能性がある機材の消毒も気をつけるようにしましょう。

詰所や控え室、医局などは人口密度が高い。ソーシャルディスタンス 、マスクや手洗いなどに十分留意を

医療従事者が感染する危険性が高いといわれる一因は、人々が密集する場所が多いことです。

●詰所や控え室、医局などはソーシャルディスタンスを保ちにくい

病棟や外来、訪問介護ステーションなどにある休憩室や詰所は、多くの人が密集する狭い空間でもあります。
医局などはパーテーションがない所もあり、2mのソーシャルディスタンスを保つことが難しい空間といえるでしょう。
リハビリスタッフの控え室は、カルテ記載や勉強会なども行われる空間であり、始業前や終業後にはたくさんの人が密集する場所となります。

●時間をずらして、密集する場所での滞在を避ける

同じ狭い空間では、利用時間を分散する、利用する人数を決めるなどの配慮が必要です。
カルテ記入にデスクトップコンピュータを使用している場合は、ノートパソコンやタブレットなどを活用し、ソーシャルディスタンスを保つことが重要です。
さまざまなスペースを利用し、できるだけ人との接触、狭い空間での密集を避けましょう。

医療従事者同士の症例検討会や申し送りの方法もソーシャルディスタンスを保てる方法を

医療従事者にとっては日々患者さんの状況を申し送り、次の勤務者に情報を伝える必要があります。
その場合にもソーシャルディスタンスを保つ工夫が必要となります。

●勉強会や症例検討会はオンラインでも可能

定期的な勉強会や症例検討会などは、情報の共有のためにも重要です。
しかし、狭い会議室で勉強会を行うのは「密集を避ける」「多くの人数で集会をしない」という観点からも好ましくありません
オンライン会議アプリを利用し、症例発表や会議、勉強会などにPCやタブレットもしくはスマートフォンでも参加することが可能です。
いくつかのオンライン会議で使用できるアプリをご紹介しましょう。

1)Google Team

新型コロナウイルスの感染拡大により、利用者が急増しているため、2020年9月30日までは無料で使用することができます。

2)Webex

100名までのオンライン会議が可能で、会議の時間に関しての制約はありません。

3)zoom

1000名までの会議の開催、チームチャットも可能。
安全面が問題視されていますが、パスワードか必要になるなど改善もされてきています。

●申し送りはメールやメモを使用し、話し相手との滞在時間はできるだけ短く

看護師やリハビリスタッフの申し送りの方法はさまざまですが、患者さんのカルテなどを共有しながら話をするスタイルが多いのではないでしょうか。
2mのソーシャルディスタンスを保ちながらの申し送りはかなり困難です。
メールやメモ書きなどでの申し送りを行うなど、医療従事者間でもソーシャルディスタンスを守る方法を実践するようにしましょう。

感染対策だけではなく、医療従事者同士のソーシャルディスタンスを保って感染を防止しよう

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためにも重要なソーシャルディスタンスを保つことは、医療従事者にも必要です。
勤務における感染対策だけではなく、医療従事者同士のソーシャルディスタンスも十分に保つために、さまざまなツールを使用したり、人が密集する詰所や控え室、医局などの使用にも注意を払い、感染拡大防止に努めましょう。

参考:
Centers of Disease Control and Prevention
Information for Healthcare Professionals: COVID-19 and Underlying Conditions.

https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/hcp/underlying-conditions.html(2020年4月19日引用)

  • 執筆者

    桑原

  • 1998年理学療法士免許取得。整形外科疾患や中枢神経疾患、呼吸器疾患、訪問リハビリや老人保健施設での勤務を経て、理学療法士4年目より一般総合病院にて心大血管疾患の急性期リハ専任担当となる。
    その後、3学会認定呼吸療法認定士、心臓リハビリテーション指導士の認定資格取得後、それらを生かしての関連学会での発表や論文執筆でも活躍。現在は夫の海外留学に伴い米国在中。
    保有資格等:理学療法士、呼吸療法認定士

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)