整形外科・リハビリ病院が抱える課題(ヒト・モノ・カネ)をサポート

  • Facebook

クリニック・治療院 OGメディック

121〜136 / 136件
理学療法士・作業療法士の需要と供給のバランスは?地域・領域別に状況を解説!
  • リハビリ病院の悩み
  • 2018年04月13日公開

理学療法士・作業療法士の需要と供給のバランスは?地域・領域別に状況を解説!

理学療法士・作業療法士などのリハビリ職は、高齢化を迎える時代において働き口に困ることはないと考えている方も多いのではないでしょうか。 ただ、理学療法士や作業療法士はその数が増えてきている状況でもあり、常に需要が供給を上回…続きを読む

急性期病院で早期退院のカギを握るのは!? 専従セラピストの役割について考えよう!
  • リハビリ病院の悩み
  • 2018年06月15日公開

急性期病院で早期退院のカギを握るのは!? 専従セラピストの役割について考えよう!

医療の機能分化が進むなかで、急性期病院においては在院日数短縮が大きな課題となっています。 廃用症候群の予防や早期からの日常生活動作(ADL)能力の向上が求められ、四苦八苦しているセラピストも多いのではないでしょうか。 本…続きを読む

あなたは認定理学療法士をとる?とらない?認定理学療法士のメリット4つと取得方法
  • リハビリ病院の悩み
  • 2018年04月13日公開

あなたは認定理学療法士をとる?とらない?認定理学療法士のメリット4つと取得方法

日本理学療法士協会が設けている認定理学療法士制度は、より専門性を高めていくことを目的としていますが、実はこの制度に魅力を感じていないPT(理学療法士)は、意外にも多いものです。 では、なぜ魅力を感じないのでしょうか? 今…続きを読む

「アメリカでPTとして働きたい!」 米国在住の筆者がライセンス取得条件・驚きの給与相場を教えます
  • リハビリ病院の悩み
  • 2018年04月26日公開

「アメリカでPTとして働きたい!」 米国在住の筆者がライセンス取得条件・驚きの給与相場を教えます

自分のキャリアを生かして「アメリカでPT(理学療法士)の仕事をしたい!」と思われている方へ。 PTである筆者は渡米を機に、現地の病院で働く方法を調べたことがあります。 今回は、アメリカの気になるPTの給与も含め、その結果…続きを読む

なぜ精神科病院では身体機能のリハビリをしないのか?筆者が見てきた現場の実態を解説します
  • リハビリ病院の悩み
  • 2018年04月13日公開

なぜ精神科病院では身体機能のリハビリをしないのか?筆者が見てきた現場の実態を解説します

精神科病院にもリハビリ部門が設置されていることは多く、作業療法士をはじめとするリハビリ職が入っています。 しかし、精神科病院で行うリハビリは精神・心理状態の改善を目標とするものが大半であり、たとえ高齢の患者さんであっても…続きを読む

維持期リハビリの制限・減算対策!整形外科や病院でデイケアを実践するコツ
  • リハビリ病院の悩み
  • 2018年04月26日公開

維持期リハビリの制限・減算対策!整形外科や病院でデイケアを実践するコツ

縮小が懸念される維持期リハビリの制限や減算、その対策として短時間デイケアの開設という方法があります。 今回は、整形外科で短時間デイケアを立ち上げ、維持期リハビリの受け皿として実践している筆者が、そのノウハウをお伝えします…続きを読む

リハビリ拒否にはどう対応する?やる気を引き出すコミュニケーション対応ノウハウ3選
  • リハビリ病院の悩み
  • 2019年07月23日公開

リハビリ拒否にはどう対応する?やる気を引き出すコミュニケーション対応ノウハウ3選

ADL向上が期待できるにも関わらず、さまざまな理由でリハビリを拒否してしまう患者さんは多数います。 そこで今回は、リハビリ看護師さんにぜひ実践してほしい、拒否反応を打ち消すコミュニケーション対応ノウハウ3選をご紹介します…続きを読む

リハビリ職は残業が当たり前?3人のPT・OTに調査して浮かび上がった実態とは
  • リハビリ病院の悩み
  • 2018年05月12日公開

リハビリ職は残業が当たり前?3人のPT・OTに調査して浮かび上がった実態とは

現場で働いているリハビリ職(理学療法士・作業療法士)のなかには、残業の多さに不満を抱いている方も多いことでしょう。 今回は、「安定している職業」と認識されているリハビリ職の残業について、3名の理学療法士・作業療法士に聞い…続きを読む

PT・OTが身につけたい転倒予防の知識。リハビリで求められている評価と介入
  • リハビリ病院の悩み
  • 2018年04月13日公開

PT・OTが身につけたい転倒予防の知識。リハビリで求められている評価と介入

高齢化社会を迎える今、解決しなければならない課題は山積しています。 近年は転倒によって骨折や寝たきりに直結するケースが増加しており、リハビリ領域においても予防的な介入を意識する必要があります。 今回は、高齢者の転倒につい…続きを読む

121〜136 / 136件