整形外科・リハビリ病院が抱える課題(ヒト・モノ・カネ)をサポート

  • Facebook

クリニック・治療院 OGメディック

  • yukie

    公開日: 2018年12月28日
  • リハビリと機器

整形外科・整骨院でも導入されている超音波治療!オススメの機器「StatUS」をご紹介

整形外科や整骨院でもよく使われる超音波治療機器。
病院では理学療法士が物理療法の一環として積極的に使用していますが、整骨院でも超音波治療器を導入し、それをPRポイントにしている例は少なくありません。
今回は、超音波治療器を導入するとしたら、どんな効果が期待できるのか、どんな治療器がオススメなのか解説します。

超音波治療器の効果は温熱と非温熱

超音波治療では「温熱効果」と「非温熱効果」が得られる

超音波治療では「温熱効果」と「非温熱効果」が得られる

超音波治療器を使うことによって得られる効果は大きく分けて2つあります。
超音波によって得られる生理的な作用として、「温熱効果」と「非温熱効果」があるので、まずはこの2つについて確認しましょう。

●温熱効果

治療やリハビリの中で使用頻度が高いホットパックでは、表面から温めることになります。
しかし、超音波治療では表層や深層を温熱できることがメリットとなります。
温熱効果を目的とする場合は、100%の照射時間率になり、連続的に超音波を発生させる「連続モード」を用います。
超音波治療と用いた温熱によって、次のような効果が期待できます。

  • ●筋のスパズムが改善される
  • ●血流の改善によって疼痛が緩和される
  • ●組織の伸縮性が改善され、関節可動域が増加する など

周波数を調整することによって、さまざまな目的で使用できることが超音波治療のメリットといえます。

●非温熱効果

非温熱効果は、照射時間率が20〜50%となる「間欠モード(パルスモード)」を用います。
温熱効果を得るときとは異なり、常に超音波を照射しないため温度の上昇を伴わず、機械的な振動刺激が加わることになります。
非温熱効果として期待できることは、次の通りです。

  • ●炎症を鎮める
  • ●損傷した組織を修復する
  • ●浮腫を軽減させる

間欠モードであれば、急性の炎症が生じているときでも消炎鎮痛効果が期待できます
また、骨折治療でも治療日数を短くする目的で超音波治療を用いることがありますが、これは細胞を刺激することで骨癒合が促されるためと考えられています。
非温熱効果を狙う場合も、どこに作用させたいかによって、周波数を調整することになります。

超音波治療器は整骨院でも導入されている?

超音波治療は、多くの整形外科で導入されていますが、整骨院の場合はどうなのでしょうか?
近年は整骨院の増加に伴い、競争も激化しており、広告を打ち出したり、PRにつながるような機器を導入したりといったケースも増えています。

●超音波治療の導入をPRしている整骨院は多い

自院のホームページを持つ整骨院が増えていますが、その中で「超音波治療器を導入しました!」とPRしている施設は少なくありません。
肩こり・関節痛・むくみなど身近な悩みに対して期待できる効果が、平易な表現で説明されていることが多いです。
超音波機器もそうですが、低周波治療器など、機器が充実している整骨院には「行ってみたい」と考える方が多いのではないでしょうか。
今はインターネットで設備や治療内容を確認してから整骨院や病院を選ぶ方も多いため、PRポイントが多いことは強みといえます。

●整骨院での導入時には禁忌事項をチェック!

超音波治療や温熱療法にはそれぞれ禁忌があるため、導入前にはよく確認する必要があります。
たとえば、炎症が起きているときに患部を温めるのはNGとなりますが、これ以外にもいくつかの禁忌事項があるのです。
適応疾患と禁忌については、こちらの記事(超音波療法の特徴と効果。適正疾患と禁忌)でも解説しているため、ご興味のある方はご参照ください。

また、超音波治療は整骨院でも導入が進んでいますが、整形外科にお勤めの方で、「整骨院に患者さんが流れてしまっている」とお悩みの方もいるでしょう。
整形外科と整骨院では役割が異なるのですが、ある意味では「ライバル」ともいえる関係となります。
整形外科での集客・増患に関心がある場合は、こちらの記事(整形外科クリニックを黒字経営にする必須条件は、来院患者数一日40人以上!)をご参照ください。

ハンズフリーで使える!オージーウエルネスの「StatUS」が便利

リハビリ機器を多く手がけるオージーウエルネスでは、超音波治療器も取り扱っています。
もともとPHYSISONIC(フィジソニック)という治療器があり、そのオプション品として加わった製品が「StatUS(ステータス)」です。
整形外科や整骨院でこの「PHYSISONIC」と「StatUS」を使うことによるメリットがどこにあるのかお伝えしていきます。

●一台あると便利な超音波治療器「PHYSISONIC」

一台あると便利な超音波治療器「PHYSISONIC」

超音波治療器のPHYSISONICでは、操作はすべてタッチパネルで行います。
25通りのオリジナルプログラムが搭載されており、たとえば「腰痛」「変形性膝関節症」「手根管症候群」などのプロトコルがあります。
周波数は1MHz、3MHzで選択でき、連続モードとパルスモードも搭載しているため、さまざまな疾患をカバーできます。
アプリケータは「S」と「L」の大小2種類があるため、治療部位によって使い分けることが可能となります。

オージーウエルネス PHYSISONIC フィジソニック ES-7

●業務を効率化できるオプション品「StatUS」

業務を効率化できるオプション品「StatUS」

StatUSは、PHYSISONICの下部に取り付けるだけで使えるオプション品です。
このオプション品の最大のメリットともいえる点は、「ハンズフリー治療」が実現することで、ハンズフリーでアプリケータを固定できます
通常は施術者が同じ姿勢でアプリケータを持っていなければなりませんが、そうした負担が大きく軽減されることになるのです。
さらに、熱が集中するホットスポットの発生を防ぐ仕様になっていることも安心です。
施術者の負担が軽減されるだけでなく、アプリケータの角度や位置のズレを回避できるため、患者さんにとっても恩恵があります。
これから整形外科や整骨院で超音波治療器を導入したいとお考えのときは、候補に含めてみてください。

業務効率化につながる超音波治療器を有効活用!

超音波治療では、温熱効果・非温熱効果の2つを狙うことができます。
まだ導入していない場合は自院のPRにつなげ、すでに導入している場合でもハンズフリーで使える「StatUS」で業務の効率化を実現してみてはいかがでしょうか?
リハビリ室や整骨院での仕事は肉体的にもハードワークになるので、負担を軽減できるツールは有効活用してみてください。

  • yukie

    公開日: 2018年12月28日

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)