在宅介護やリハビリなど健康をとり戻す生活に役立つ情報を。

  • Facebook

健康応援 OGスマイル

一人暮らしの高齢者に渡しておきたい安心見守りグッズを3つご紹介します

離れて暮らす高齢の家族が、毎日元気に過ごしているのか心配。
そんな心配を解消してくれる、さまざまなお役立ちグッズが販売されています。
そこで今回は、一人暮らしの高齢者に渡しておきたい見守りグッズを3つご紹介します。

一人暮らしの高齢者に必要なのは日々の安否確認

高齢で一人暮らしをしている家族がいる場合、敏感になってしまうニュースの一つが孤独死に関するものです。
頻繁に連絡をとっているつもりでも忙しい毎日に追われ、気づいたら「何週間も声を聞いていなかった」という経験は誰にでもあります。
一人暮らしの高齢者では、突発的な体調不良やけがなどで動けなくなっていたり、外出したまま行き先がわからなくなってしまうなど、緊急事態はいつどこで起きるかわかりません。
そんなときでも、少しでも早く異常に気付くことができれば、重大な結果を避けることができます。
そのために大切なのが「日々の安否確認」なのです。

プラグを差し込むだけで家電の使用状況がわかる「見守りコンセントWiFi-Plug」

自宅の中には、毎日必ず使われる家電製品があります。
その代表格がテレビです。
なかにはテレビが嫌いだという高齢者もいますが、「なにを見るわけでもないけれどもテレビはつけている」という方が大半です。
つまり、いつもテレビを見ている時間帯や、丸一日テレビをつけた様子がないとわかれば、異常を知るための目安になるのです。
そんな、毎日使う家電製品の消費電力が遠方にいてもわかるというグッズが「見守りコンセントWiFi-Plug」です。
「見守りコンセントWiFi-Plug」は使い方も簡単。
プラグに「見守りコンセントWiFi-Plug」を差し込み、そこに対象にしたい家電製品のコードを差し込みます。
あとは、見守りをする方がスマートフォンで会員登録を行い、アプリをダウンロードするだけです。
ここまで行えば、高齢者が日頃どのようにその家電製品を使っているのかのデータを解析して、不自然な電力の使われ方をしたときには設定した人にメールでお知らせが届くようになっています。
毎日朝起きたらつけているテレビの電源が、今日はいつまでたってもONにならない、ものすごく暑い日なのにエアコンが稼働していないなど、遠方にいても家電の使われ方から生活状況を把握し、安否確認をすることができます
「見守りコンセントWiFi-Plug」の詳細はこちら

押すだけで緊急事態を伝えられる「緊急通報システム」

高齢化社会に突入してから、多くの自治体が一人暮らしの方や高齢者世帯の日々の見守りについて対策を行っています。
そのなかでも、2001年時点で9割もの自治体が取り入れているのが「緊急通報システム」です。
このシステムは、通報するための機器を自宅に置き、その機器についている通報ボタンを押すと、救急隊員や協力員と呼ばれる方が駆けつけてくれる、というものです。
この「協力員」は、各自治体によってさまざまです。
直接救急へつながり救急隊員がかけつける場合や、民間業者に委託して警備保障会社や社会福祉協議会の担当者がかけつける場合などがあります。
また緊急通報システムの機器には、火災やガス漏れを検知する機能がついている場合もあり、異常があった際は消防などが自動的に対応してくれます。
この「緊急通報システム」を利用できるかどうかについては、利用したい高齢者が住んでいる自治体の窓口で確認してみてください。
担当のケアマネジャーがいる場合には、一度確認してみるとよいでしょう。

リストバンド型のGPSで居場所がわかる「みまもーら」

「外出したっきり帰ってこない」、「電話は持っているけど現在地がうまく説明できない」、そんな方にお勧めなのがGPS機能で居場所を知ることができる「みまもーら」です。
「みまもーら」はリストバンド型の高齢者見守り機器です。
高齢者が出かける際に身につけてもらうことで、遠方にいる家族でもスマホアプリで簡単にその居場所を見つけることができるのです。
この「みまもーら」の優れている点は、約10年間充電が不要という点です。
こまめな充電が必要なグッズだと、充電することを忘れてしまったり、充電の仕方がわからなくなったりしますが、みまもーらはその心配がいりません。
ただし、リストバンドをでかけるたびにつけてもらうことは難しいかもしれません。
そんなときには、高齢者の方がいつも持ち歩くものに取り付けるといいでしょう。
たとえば、つえやシルバーカーにつけておくのもいいですし、必ず持って出るカバンなどがある場合には、その中に忍ばせておいてもいいでしょう。
「みまもーら」の詳細はこちら

見守りグッズを活用することでお互いが安心して暮らせる環境を手に入れましょう

遠方で暮らしていると、なにかと心配が尽きないものです。
その心配も、介護サービスの利用や今回ご紹介した見守りグッズなどを活用することでかなり軽減させることができます
ぜひ、積極的に取り入れて、安心できる毎日を過ごせるようにしてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)