在宅介護やリハビリなど健康をとり戻す生活に役立つ情報を。

  • Facebook

健康応援 OGスマイル

高齢者・シニアにおすすめの健康管理アプリをご紹介!運動や栄養の管理まで

スマホを持つ高齢者・シニアも増えていますが、せっかくなら電話やメール以外にも、アプリを活用していきたいところです。
今回は、高齢者やシニアの健康管理におすすめしたいアプリをご紹介します。
日々の健康管理、運動、栄養、健康相談まで幅広くカバーされているので、ぜひ活用してみてください。

高齢者やシニアの健康管理におすすめしたいアプリ

1.ダイエットアプリ「あすけん」

ダイエットアプリ「あすけん」

その日の食事を記録することで、カロリーの管理ができるアプリです。
このアプリでは、食事の写真を撮るだけで、自動的に食事の内容を解析してくれます。
たとえば、白米、みそ汁、焼き魚、納豆など、画像認識によって捉えて記録してくれるのです。
管理栄養士が毎日アドバイスをくれる機能もあり、無理なく栄養管理、ダイエットを続けていくことができます。
高齢者では、特にたんぱく質が不足しやすいため、こうしたアプリを活用しながら、低栄養にならないように管理していきたいところです。
ダイエット用のアプリではありますが、食事を記録する習慣を持つことで、自然に栄養やカロリーについて考えられるようになるでしょう。

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.greenhouse.asken&hl=ja

2.血圧ノート

血圧ノート

血圧を測定して入力すると、自動でグラフ化してくれるアプリです。
高齢者やシニアの方では高血圧になるケースも多くなりますが、血圧をコントロールしたいとお考えの場合には、このアプリが重宝します。
血圧ノートでは、単純にグラフ化するだけでなく、数値が降圧目標外になると、アイコンが知らせてくれる機能も備わっています。
体重や体脂肪を管理することも可能であるため、血圧のついでにほかの管理をしていきたい方にもおすすめです。

血圧ノート

3.糖尿病−血糖値ノート

糖尿病−血糖値日記

健康診断などでは腕から採血して血糖値を測りますが、自宅で少量の血液を採取して、血糖の自己測定を行う場合もあります。
血糖値を測定することによって、どんな食事で数値が上がりやすいのか、血糖値が元に戻るまでの時間はどのくらいかなど、いろいろな情報が得られます。
このアプリでは、日付・数値・タイミング(朝食前・朝食後など)を入れたらワンタッチで血糖値の記録ができ、データをグラフ化することが可能です。
インスリンやブドウ糖の記録もでき、自己管理を支えてくれます。
糖尿病の方はもちろん、糖尿病予備軍の方も、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.welby.diabetes&hl=ja

4.徒歩でゆく〜東海道五十三次

徒歩でゆく〜東海道五十三次

歩数計の機能を備えたアプリはいくつも存在しますが、こちらはひと味違います。
日々の生活における歩数に応じて、東海道五十三次を歩んでいる体験ができる、ゲーム性のあるアプリとなっています。
歩数によって東京から京都まで53の宿場町を進んでいき、終着点は三条大橋となります。
「品川まで◯◯◯◯歩」など、目標地点に到達するために必要な歩数が表示されます。
ゴールに到着するまでの日数に応じてランクが決まる仕様です。
健康のために歩きたいという気持ちがあり、何か目標やモチベーションとなるものがほしい方には向いているでしょう。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.tayu.tau.tokaido&hl=ja

5.すこやかんぽー歩く、ラジオ体操をもっと楽しく

すこやかんぽー歩く、ラジオ体操をもっと楽しく

かんぽ生命のアプリであり、「歩く」と「ラジオ体操」を、かんぽくんというキャラクターと一緒に楽しむことができます。
このアプリで特徴的なのは、目標の歩数をクリアすると、コンビニで使えるクーポンのプレゼントの抽選参加権が得られることです。
活動量計である「fitbit」などと連携することも可能であるため、本格的に日常における歩数を記録したい場合にもおすすめです。
そのほか、健康診断の結果をスマートフォンのカメラで読み取ると、健康年齢や健康タイプを教えてくれる機能などもあります。

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.japanpost.jplife.sukoyakanpo&hl=ja

6.看護師に病気相談ークリンタル

看護師に病気相談ークリンタル

健康や病気、お薬に関して、チャットで看護師に相談することができるアプリです。
特に、高齢者やシニアの方では、健康や体調について気になることもあるでしょう。
「健康診断で指摘された項目があるけれど、何科を受診すればいいかわからない」「すぐに病院へ行くほどではないけれど、気になる症状がある」など、医療の知識がある人に相談したくなる場面はあるものです。
また、看護師に相談できるだけでなく、チャットボットが病状に合わせて近くのクリニックを検索してくれる機能もあります。
いざ困ったときには頼りになるアプリなので、ぜひ有効活用してみてください。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.clintal.android

高齢者・シニアはアプリを活用して健康管理!

今までメモ帳などで手書きで管理していた事柄も、アプリを使えば簡単に記録できるようになることも多いです。
アプリは見た目にもきれいでわかりやすいため、健康に対する意識が高まることもあるでしょう。
スマートフォンを使っている高齢者・シニアの方は、ぜひ今回ご紹介したようなアプリを使い、健康管理をしてみてください。

  • 執筆者

    高木雪絵

  • 作業療法士の資格取得後、介護老人保健施設で脳卒中や認知症の方のリハビリに従事。その後、病院にて外来リハビリを経験し、特に発達障害の子どもの療育に携わる。
    勉強会や学会等に足を運び、新しい知見を吸収しながら臨床業務に当たっていた。現在はフリーライターに転身し、医療や介護に関わる記事の執筆や取材等を中心に活動しています。
    保有資格:作業療法士、作業療法学修士

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)