在宅介護やリハビリなど健康をとり戻す生活に役立つ情報を。

  • Facebook

健康応援 OGスマイル

腰痛が治らない方は必見!受診したほうが良い危険な腰痛の見分け方

「腰痛が治らない」という方はいませんか?
一言で腰痛といっても、早めに受診が必要な病気が潜んでいる場合もあり注意が必要です。
今回は、なかなか腰痛が治らず不安な方に、危険な腰痛の見分け方についてお伝えしたいと思います。

腰痛は2種類に分けられる!早急に対応が必要な腰痛とそうでない腰痛

腰痛は誰もが経験する恐れがある症状で、一生涯に腰痛を経験する人の割合は80%を超えるとされています。
腰痛は大きく2種類に分けられ、腰痛が治らない場合には危険な病気が潜んでいることもあります。
まずは、2種類の腰痛について、それぞれの特徴を把握しましょう。

●原因がはっきりしない腰痛は安静にしないほうが良い

腰痛診療ガイドラインでは、腰痛がある場合でも85%ほどは骨折やヘルニアなどの明らかな原因がない腰痛であるとされています。
これらの腰痛は自然に症状が治っていくこともあるという特徴があります。
さらに、腰痛だからといって安静にしすぎることは、かえって腰痛の改善を遅らせる危険性もあり、可能な範囲で運動を行うことが推奨されています。

●明らかな病気が潜んでいる腰痛

腰痛の中でも15%ほどは明らかな原因となる病気が潜んでいるとされています。
そのため、なかなか腰痛が治らないのに、「そのうち治るだろう」と思って放置すると、病気の悪化につながる恐れがあります。
背骨の骨折や足のしびれなどを伴う、椎間板(ついかんばん)ヘルニアといった、聞き慣れた病気だけでなく、腫瘍や感染症が原因で痛みが生じる場合もあります。
これらの症状を判別するためには医師による診断が欠かせませんが、代表的な判定基準としてレッドフラッグと呼ばれる、危険な要因に該当しないかをチェックする方法があります。

危険な腰痛の見分け方!レッドフラッグについて解説

レッドフラッグは明らかな病気が潜んでいないかを判定するためのチェック項目です。
どのような項目があるか解説していきます。

●20歳未満または55歳以上

20歳未満では、生まれながらの病気(先天性疾患)や若い人に特有の病気が潜む可能性が考えられます。
55歳以上では悪性腫瘍、骨折など病気になる恐れが高まる年齢であるため、注意が必要とされています。

●今まで癌になったことがある・説明のつかない体重減少

これらの要因は、腰痛診療ガイドラインで癌による腰痛の危険因子として挙げられています。
これは癌が骨へ転移してしまう、転移性骨腫瘍(てんいせいこつしゅよう)の多くが背骨しかも腰椎(腰の骨)にみられるためです。
腰の骨へ転移してしまうことで、腰痛が生じます。

●だんだん悪化する痛み・時間や動きに関係のない痛み

痛みの症状として、常に痛みがある、痛みがどんどんひどくなる、1カ月以上腰痛が治らないといった場合は、病気による腰痛が生じていることが考えられます。

●明らかな外傷の経験がある

「高いところから落ちた」など明らかな外傷の経験がある場合は、骨折などの恐れがあります。

●尿もれや陰部のしびれがある

尿がでなくなる、逆に尿が漏れるといった排尿障害(はいにょうしょうがい)や、お尻や陰部がしびれるといった症状には注意が必要です。
馬尾症候群(ばびしょうこうぐん)といい、馬尾神経と呼ばれる神経が圧迫されている恐れがあります。

紹介した以外にも、ステロイドの使用がある、発熱がある、胸が痛むといった項目が含まれます。
レッドフラッグは、重篤な病気の可能性を見逃さないための判断材料です。
早めに受診をするきっかけとして、しっかり把握し、気になる場合には病院で診てもらいましょう。

腰痛に潜む病気とは?具体的な症状と病気を紹介

腰痛に潜む病気はさまざまですが、病気に関連した腰痛以外の症状がみられる場合があります。
そこで、病気ごとに生じやすい具体的な症状を紹介します。

●腰椎(腰の骨)の骨折

骨粗鬆症の診断があって、転倒や尻もちなどの外傷がある場合は腰椎の骨折が生じる危険性があります。
動いていないときは痛みが強くなくても、寝返りや起き上がるときなど体を動かすと激しい痛みがあります。
背中が丸くなってしまう「後弯変形(こうわんへんけい)」が生じるのも特徴です。

●椎間板ヘルニア

背骨と背骨の間にある椎間板(ついかんばん)と呼ばれる部分が飛び出してしまって、神経を圧迫してしまう病気です。
神経を圧迫することにより生じる、脚のしびれや脱力といった症状がみられます。
ヘルニアにより馬尾神経を圧迫すると馬尾症候群を生じ、排尿障害などが起こります。

関連記事:腰椎椎間板ヘルニアの手術をすることに…!手術後のリハビリと再発予防の知識を解説

●脊柱管狭窄症

椎間板ヘルニアと同じように神経を圧迫する病気として、脊柱菅狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)があります。
背骨の変形などで神経の通り道が狭くなることで生じる病気です。
ヘルニアと同様に神経を圧迫することによる症状がみられます。
また、数百メートル歩くと、脚のしびれや痛みが強まり歩けなくなる、間欠跛行(かんけつはこう)がみられます。
間欠跛行は前かがみで休憩すると症状が回復し、再び歩けるようになるという特徴があります。

関連記事:加齢により神経の通り道が狭くなり、足のしびれや痛みのある脊柱管狭窄症は治るのか?治療法と自宅でもできる対策を徹底解説

●腰椎に起こる感染症

背骨が細菌に感染する場合もあります。
これは、糖尿病や免疫を抑制する薬(免疫抑制薬)などの影響で細菌に感染しやすくなるためです。
背骨の中でも腰椎で感染が生じやすく、腰痛の原因となります。
レッドフラッグにあるように、発熱がある、結核などの細菌に感染したことがあるといった要因が危険因子として挙げられます。

治らない腰痛を放置せずに早めに受診しましょう

治らない腰痛を放置してしまうことで、潜んでいる病気が悪化する場合もあります。
重要なことは、早めの受診をすることで病気にあった適切な治療を受けることです。
また、腰痛は再発することも多いため、たとえ病気が原因でなくても、受診をすることにより、運動など適切な対処法を知る良いきっかけを作りましょう。

関連記事:
腰痛・肩こり・関節痛は我慢しないで!整形外科で受ける治療、リハビリを徹底ガイド
もう再発させたくない…!ぎっくり腰の予防に役立つ運動と気をつけたいポイントをレクチャーします

参考:
日本整形外科学会 日本腰痛学会(監):腰痛診療ガイドライン2012. 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会 腰痛診療ガイドライン策定委員会(編), 南江堂, 東京, 2012, pp.12-36.
神野哲也(監):ビジュアル実践リハ 整形外科リハビリテーション カラー写真でわかるリハの根拠と手技のコツ.相澤純也,中丸宏二(編),羊土社,東京,2012,pp.441-443.
病気がみえるvol.11 運動器・整形外科.MEDIC MEDIA,東京,2017,pp.252-263,451-453.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)