在宅介護やリハビリなど健康をとり戻す生活に役立つ情報を。

  • Facebook

健康応援 OGスマイル

リハビリについて

腰痛・肩こり・関節痛は我慢しないで!整形外科で受ける治療、リハビリを徹底ガイド

整形外科ではスポーツ障害や骨折などの外傷、指のケガなど非常に広い範囲の疾患を専門的に診療していますが、厚生労働省によるとそのなかでも患者さんに特に多い訴えの上位3つが腰痛、肩こり、関節痛となっています。
「病院に行ったらどんな治療をうけることができるの?」
今回はそんな疑問に対して、整形外科ではどのような治療・リハビリを行っているのかを詳しく解説します。

みんな気になる体の痛み!1位はやっぱり腰痛!

1位は二本足で立って歩く人間には避けては通れないもの、腰痛です。
病院ではどのような治療が行われるのか解説していきます。

●腰痛の治療は投薬とブロック注射!

腰痛の多くは原因不明といわれています。
これはレントゲンなどやMRIの検査をしても原因がわからない腰痛が多いということです。
椎間板ヘルニアや脊柱管狭さく症など、原疾患がある場合はそれに応じた治療方針が決められますが、原因がわからない場合は症状を聞きながら投薬や注射、リハビリを行っていくことになります。

投薬 注射

痛み止めの飲み薬と湿布が処方されます。
腰痛の場合、足へのしびれや痛みなど神経性の痛みがでる場合もあります。(神経障害性疼痛)
その場合、神経障害性疼痛用の薬も処方されることがあります。
原疾患が特定できる場合は、その疾患に応じた薬が処方されます。

薬を飲んでも効果がなかったり、リハビリでも効果がでない場合、腰の神経に対して麻酔薬を注射するブロック注射を行うことがあります。
神経に注射をし、過敏になっている神経を落ち着かせます。

●リハビリで腰痛改善!安静は一番の敵

ぎっくり腰といわれている急性腰痛症や圧迫骨折の初期を除けば、安静にする必要はありません。
むしろ安静にすればするほど、体幹の筋力低下や柔軟性の低下が起こり、より痛みを引き起こしやすくなります。
リハビリは主にストレッチや筋力トレーニングなどを行う運動療法と、温熱や水、電気などの物理的な力を利用して行う物理療法があり、一人ひとりの症状に合わせて選択されます。

運動療法 物理療法

1)ストレッチ
柔軟性改善のために、腰背部のストレッチと股関節周囲のストレッチを行います。
2)モビライゼーション
腰椎の可動性を改善する目的で腰椎を動かします。
3)筋トレ
体幹の安定性を高めるため腹筋、背筋のトレーニングを中心に行います。
4)腰痛体操
自宅でもできる腰痛体操を指導します。
腰痛体操は数種類あり、どの体操が適しているか理学療法士が判断します。
5)全身運動
エアロビクスやウォーキング、エアロバイクなどの全身運動は腰痛軽減に効果があります。

1)ホットパック
患部を温かいもので20~30分温めていきます。
温熱効果で血流の改善を図り筋肉の柔軟性を高めるために行います。
2)腰椎けん引
けん引装置を使用し腰部をけん引して痛みの軽減を図ります。
けん引により周囲の組織のストレッチと圧迫の軽減を期待して行います。
3)低周波治療
電気を流して痛みの軽減を図ります。
電気を流すことで、痛みを伝える神経が抑制され痛みの軽減を図ることができます。

第2位は肩こり。デスクワークの人は要注意!

第2位は肩こりがランクインしています。
デスクワークなどで姿勢が猫背になりやすい人に特に多く、姿勢の矯正が重要になります。
肩こりがひどくなると頭痛を訴える方もでてくるため、できるだけ早期に改善したい症状です。

●肩こりの治療に変化?!即時効果の高い注射が!

肩こりに対する治療は飲み薬や湿布などの外用薬と注射になってきます。
近年では新しい治療法としてハイドロリリースといわれる治療法がでてきています。

投薬 注射

投薬では痛み止めや湿布などで様子をみていきます。
筋肉の張りが強い場合は筋し緩剤も使用することがあります。

1)神経ブロック注射
肩にある神経にブロック注射を行います。
神経に注射をすることで過敏になっている神経を落ち着かせる効果があり、その後の痛みの軽減につながります。
2)ハイドロリリース
超音波エコー下で固くなっている筋膜を特定し、その部位に生理食塩水(もしくは麻酔薬)を注入する治療法です。即時効果もあり疼痛を劇的に改善できるとされています。

●リハビリで姿勢を改善していこう!

肩こりのリハビリは、こわばっている筋肉をほぐしていくストレッチと物理療法が行われます。
しかし一番大事になってくるのは姿勢の矯正です。
猫背になりにくい姿勢を獲得するために、姿勢を保つ筋力とストレッチが重要になります。

運動療法 物理療法

1)ストレッチ
首から肩にかけてのこわばった筋肉にストレッチを行います。
2)モビライゼーション
肩こりの方は肩甲骨の動きが悪くなっている方が多く、肩甲骨の可動性の改善を図ります。
3)筋トレ
良い姿勢を維持するために肩甲骨回り~体幹の筋力アップを図ります。

これらの運動療法を組み合わせて良い姿勢を維持できるようにしていきます。

1)ホットパック
患部を温かいもので20~30分温めていきます。
血流の改善によって筋肉の柔軟性を高めるために行います。
2)けい椎けん引
けん引装置で首をけん引し、けい部(首)のストレッチを行います。
けん引により周囲の組織のストレッチと圧迫の軽減を図ります。
3)低周波治療
電気を流して痛みの軽減を図ります。
痛みを伝える神経が抑制され痛みの軽減を図ることができます。

第3位は関節痛!中高年から徐々に増加!

中高年になると関節の軟骨や半月板という組織が徐々に損傷してきます。
関節痛が進行すると人工関節などの手術が必要になる場合もあるため、できるだけ早期に受診し、適切な治療を受ける必要があります。

●注射でも効果あり!

まずは痛み止めの薬や湿布など投薬で様子を見ていきます。
ほかにも関節内注射を行い、それでも痛みが軽減しない場合は、関節の中を掃除する手術を行ったり、最終的には人工関節の手術をすることになります。

保存的治療 手術療法

1)投薬
痛み止めや湿布などで様子をみていきます。
2)関節内注射
関節軟骨の栄養成分であるヒアルロン酸を注入します。
痛みの軽減に効果があります。

1)関節鏡手術
関節鏡という関節の中を見るための内視鏡を使用し、関節内の傷んだ組織や浮遊している組織をきれいにする手術です。
2)人工関節置換術
傷んでいる関節を人工の関節に置き換える手術です。
3)関節固定術
関節そのものを固定して動かないようにする手術です。

●リハビリで関節への負担を減らしていこう!

関節痛に対するリハビリでは、関節に負担がかからない状態にするためのトレーニングや、痛みを軽減するための物理療法が選択されます。
また関節痛がある方は関節の可動域(動かせる範囲)が制限されていることも多いので可動域の改善を図っていくことになります。
理学療法ガイドラインでは、運動療法と物理療法を併用すると治療効果が高くなるとされています。

運動療法 物理療法

1)ストレッチ
関節周りでこわばっている筋肉をストレッチしてほぐしていきます。
2)可動域練習
可動域が制限されている場合、関節を動かして可動域の改善を図ります。
3)筋トレ
関節に負担がかからないように関節の負担を軽減するための筋トレを行います。
特に足の関節の場合は、体重を支えるという機能を守るためにも重要です。

1)ホットパック
患部を温かいもので20~30分温めていきます。
温熱効果による血流の改善を高めるために行います。
2)低周波治療
電気を流して痛みの軽減を図ります。
痛みを伝える神経が抑制され痛みの軽減を図ります。
3)超音波治療
超音波を患部に照射し、痛みの軽減を図ります。
超音波はホットパックよりも深部での温熱効果が期待できます。

まとめ

整形外科に受診すれば投薬から注射などの保存的な治療法、状態に応じた手術療法の選択が可能です。
リハビリも同様に、運動療法や物理療法を一人ひとりの状態に合わせて行っていきます。
大事なことは、少しでも早く治療やリハビリを開始して、重症化させないようにすることです。
重症化してしまうと選択肢が手術しかなくなってしまったり、手術しても完治しない可能性もでてきます。
今「痛み」を我慢している方は、手遅れにならないうちに一度整形外科を受診してみてはいかがでしょうか?

参考:
厚生労働省 国民生活基礎調査の概況 Ⅲ世帯員の健康状況(2018年2月12日引用)
日本整形外科学会 肩こり(2018年2月12日引用)
日本整形外科学会 腰痛(2018年2月12日引用)
理学療法ガイドライン 背部痛(2018年2月12日引用)
理学療法ガイドライン 変形性膝関節症(2018年2月12日引用)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)